家族や老後のことを考えよう

家族の生活を守る

保険を決める時は、自分の家族構成によって選択肢が変わると覚えておきましょう。
家族がいない場合は、とりあえず治療費を補ってくれる保険に入っていれば大丈夫です。
ですが、家族がいる場合は治療費だけでは足りません。
生活費や養育費のことも考えてください。
病気やケガが長引くと、生活費が無くなって困ります。
しかし無理して働くと、身体の状態がさらに悪化するのでいけません。

生活費を保証してくれる保険に入ることをおすすめします。
すると、自分に万が一の事態が起こって働くことができなくなった時に家族が生活するだけのお金を受け取れるので大丈夫です。
治療費だけを補ってくれる保険に比べて価格が高くなりますが、入って損はしないはずです。

老後の生活に使う

若いうちに保険に加入していれば、老後にお金を受け取れる保険があります。
老後は身体を上手く動かすことができないので、年金生活を送ることになるでしょう。
しかし、年金だけで安定した生活を送れるとは限りません。
日本の経済は不安定なので、今若い人が年金をもらうころは、金額がかなり減っている可能性があります。

保険に入って積み立てていれば、年金が少なかった時も安心できます。
年金と保険金を合わせれば、今と変わらない生活を送れると思います。
生活が大きく変化するとストレスが溜まるので、老後も考えて保険を決めましょう。
若い自分は病気もケガもしないから大丈夫と思うのは危険です。
年を取れば病気になる確率も高まるので、保険は必須です。


B!